<< 第一回総会が終了致しました | main | 朝霞市博物館での講演お知らせ >>

東洋美術学校での修復

歴史資料継承機構代表理事の西村慎太郎です。
いよいよ、寒い日が到来してきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、当法人のニューズレター『じゃんぴん』第3号にも掲載致しましたとおり、南伊豆町渡辺亮家文書を東洋美術学校の教材として提供し、それらの修復を終えることができました。

それらについては『じゃんぴん』第4号で詳しく述べたいと思いますが、修復の過程や修復した資料が「東美祭2007」で展示されます。たいへんすばらしい出来栄えですので、お近くの方はぜひご覧頂きたく存じます。

東洋美術学校

http://www.to-bi.ac.jp/

文書の展示とあわせて、修復の実演も行われます。

日時:10月27日(土)10:00〜17:00
 ※実演は14:00〜16:00


修復にたずさわって頂いた櫛笥節男先生、秋山純子先生、東洋美術学校の学生の皆さんには心よりお礼申し上げます。
| - | 07:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
秋山純子先生
コメントありがとうございます。
今回のプロジェクトが成功裏に終わりまして、ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。
2007/11/08 1:10 PM, from 西村慎太郎
東洋美術学校の秋山純子です。

このようにブログに紹介してくださってありがとうございました。
今回、NPO法人歴史資料継承機構から教材をご提供いただき、学生たちは数多くの修復を経験することが出来ました。

日々虫食いと向き合い、黙々と(時には少し壊れていましたけど)作業を続けました。
虫食いを一つ一つ埋めるのはものすごく大変な作業でしたが、修復を終え、
冊子本として活用できる形に出来たとき、ほっと一息、嬉しさがこみ上げてきます。

ぜひその成果をご覧くださいませ。

お待ちしております。
2007/10/26 4:29 PM, from 秋山純子









Trackback
url: http://blog.rekishishiryo.com/trackback/524664

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM