<< ニューズレター『じゃんぴん』vol.29発行のお知らせ | main | 2020年度総会のお知らせ(詳細) >>

Covid-19に伴う大掃除などでの歴史資料散逸警戒のため緊急事務局体制解除とこれまでの活動成果に関する総括

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

5月4日のCovid-19緊急事態宣言延長を受けて、当会では緊急事務局体制に移行しましたが、

本日、午前0時をもって緊急事務局体制を解除し、通常体制と致します。

なお、解除後も随時歴史資料保全に関わる御相談などは受け付けます。



当会では4月9日、4月7日の政府による緊急事態宣言発出を受けて、

「緊急事態宣言発出に伴う自宅などでの大掃除の歴史資料に関する注意点(お願い)」

を発表しました。

また、4月23日には自粛による大掃除が新聞で報道されるのを受けて、


「緊急事態宣言発出に伴う自宅などでの大掃除の歴史資料に関する注意点(第二次お願い)」

を発表しました。



本日に至るまで当会の会員・関係者及び史料ネット事務局長・吉原大志氏にも参加頂き、

リモートによる会議を2回開催し、対応などを協議致しました。

上記の声明文発表後、当会に寄せられた歴史資料保全関わる相談・依頼の件数は25件です。

そのうち分けと対応については以下のとおりです。



1. 歴史資料の所在情報(緊急事態宣言解除後に保存・調査活動実施予定)2件

2. 寄贈依頼(当会にて目録作成の後自治体などへの寄贈予定) 4件

3. 寄贈依頼(史料ネットへ相談) 1件

4. 保存環境の相談と提案 16件

5. 協力依頼 1件

6. 知り合いの資料の画像データ(当会での管理要請) 1件



このうち1については現在具体的な作業日程を調整中です。

2については目録作成を進めており、近々に第一弾の成果報告を発表したいと存じます。



これらの活動についてtwitterで多くの反響を頂き、

5月4日にLINEニュースサイト「BLOGOS」、

5月8日にTBSラジオ「action」で取り上げられました。



多くの皆さまのおかげで歴史資料を救うことができました。

心より御礼申し上げます。





-----------------------------------------------
福島県双葉町の原子力災害被災地域の歴史と文化を継承する

『大字誌両竹』創刊号刊行!!

お買い求めの方は当会へ御連絡ください。

https://a-port.asahi.com/projects/morotake-jumping/

-----------------------------------------------


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/



バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 07:59 | comments(0) | - | - | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM