<< 「もろたけ歴史通信」vol.41配信 | main | 『南伊豆を知ろう会』vol.6刊行 >>

跡見学園女子大学地域交流センターシンポジウム『東日本大震災と「記憶」の記録化』

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

跡見学園女子大学地域交流センターにて、

シンポジウム『東日本大震災と「記憶」の記録化』が開催され、

当会代表理事・西村慎太郎が報告致します。

お誘いあわせの上、ご参加下さい。

--------------------------------------------

跡見学園女子大学では、地域交流を通じた復興支援活動を目指し、シンポジウム

を開催いたします。

被災地と外部とをつなぐ実践や、被災者にとっての「心のよりどころ」に注目す

る活動を報告いただき、

いま私たちに何が求められているのかを考えていきます。



【開 催 日】12月21日(土)13:00〜16:30

【場  所】跡見学園女子大学 文京キャンパス ブロッサムホール(2号館1階)



*写真展『心はいつも子どもたちといっしょ』同時開催

*シンポジウム・写真展は事前申し込み不要です。

・西村慎太郎氏(国文学研究資料館・准教授)
原子力災害地域の歴史を未来へ紡ぐ―大字誌という方法

・吉田智彦氏(写真家・文筆家)・鹿目久美氏(福島からの避難者、母ちゃんずメンバー)
笑顔の向こうがわ―保養キャンプで出会った母子の日常にある矛盾と不安

・植田今日子氏(上智大学総合人間科学部・教授)
『更地の向こう側』の記憶地図―気仙沼市唐桑町宿での試みから

・槻橋修氏(神戸大学大学院工学研究科・准教授)
ふるさとの記憶―「失われた街」模型復元プロジェクト

・コーディネーター:金子祥之氏(跡見学園女子大学・助教)

シンポジウム『東日本大震災と「記憶」の記録化』開催のお知らせ
(跡見学園女子大学, 2019/11/28)
http://www.atomi.ac.jp/univ/news/detail/4592/

-----------------------------------------------
朝日新聞クラウドファンディングA-port
「東日本大震災と原発事故で失われつつある
福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!」

https://a-port.asahi.com/projects/morotake-jumping/
-----------------------------------------------


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/



バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM