<< 茨城史料ネット、8月の資料整理活動について | main | シンポジウム「地域歴史資料救出の先へ」のお知らせ >>

熱海市文化団体連合会第35回「紙感謝祭」講演を行いました

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

2017年8月7日に熱海市文化団体連合会主催第35回「紙感謝祭」が開催され、

代表理事の西村慎太郎が「古文書を守り、活用し、歴史を語る」を講演致しました。

当日は多くの方々にお越し頂き、古文書に触れるワークショップではたいへん盛り上がりました。

主催の熱海市文化団体連合会をはじめとして、熱海市の方々には心より御礼申し上げます。

以下、当日配布のレジュメを貼り付けておきます。

------------------------------------------------

170807紙感謝祭 於:熱海市中央公民館多目的会議室
古文書を守り、活用し、歴史を語る

西村 慎太郎

本講演の課題
・古文書が置かれている問題はなにか
・古文書を保存する活動の事例
・伊豆における活動の紹介

前提
・古文書はどこにのこされているか
・日本の古文書の様相

機歴史資料が失われていく
1-1 戦後の古文書を救出する活動

1-2 失われた国宝と重要文化財
・2013年文化庁による国指定文化財所在確認調査の結果

1-3 民間所在資料の散逸
・三重県の事例
・大分県の事例
・散逸の要因

供地域歴史遺産と歴史文化基本構想、そして歴史資料継承機構
2-1 「地域歴史遺産」という視角
・神戸大学大学院地域連携センターと歴史資料ネットワーク

2-2 文化庁「歴史文化基本構想」

2-3 NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんについて
・2006年設立・登記 / 現在38ヶ所での保存・調査活動実施(活動中も含む)
・4つの活動業務とミッション

掘NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんにおける伊豆での活動事例
3-1 古文書の保存と整理はどのように行うか?
・現状記録調査⇒目録作成⇒(修復)⇒普及・活用

3-2 伊浜村の特色とその古文書の活用について

論点整理


ワークショップ
・古文書にさわってみる -さわる際の注意事項を踏まえて
・古文書を読んでみる




□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/

バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.rekishishiryo.com/trackback/1615222

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM