アーキビスト・サポート(ASJ)より御寄附を頂きました

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

このたびアーキビスト・サポート(ASJ)より御寄附を頂きました。

アーキビスト・サポートは2008年7月15日に設立し、

「日本のアーカイブズを健全に守り伝えるアーキビストを支援する」という目的で、

長年に御活動を展開してまいりました。

本年8月に活動を終了し、活動費の残額を御寄附頂くこととなりました。

これまでの活動に敬意を表するとともに、

御寄附に対して、心より御礼を申し上げます。

御許可を頂き、設立趣意書、アーキビスト・サポートの歩みを掲載致します。

アーキビスト・サポートHP http://www.ne.jp/asahi/archivists/support/index.html

-----------------------------------------------(以下、ASJ設立趣意書)

「アーキビスト・サポート」設立趣意書

私たちは日本のアーカイブズを健全に守り伝えるアーキビストを支援するために本会

を結成することとしました。

アーキビストとは、一般には公文書館等のアーカイブズ組織において、未来へ残すべ

き文書・記録(アーカイブズ)に関するプロフェッショナルのことを言います。日本

においても、1987 年12月、公文書館に専門職員を置くことをうたう公文書館法が成立

しました。20 年が経ち、アーカイブやアーカイブスはよく耳にするようになりました

が、アーカイブズを扱う専門職をアーキビストとして認知する制度が確立していません。

そうしたなかで、日本においてもアーキビストを目指す人は居り、また公文書館(ア

ーカイブズ)業務に限らず、志を持って文書・記録を守り、未来へ伝えていく仕事に

従事するたくさんの人たちが居ります。

私たちは、いわゆるアーキビストの領域に加えて、ひとり職場傾向にある博物館資料の

ドキュメンテーション・レジストレーション領域、図書館の郷土資料(地域資料)や専

門図書館で扱う特定分野資料の領域、目録作製やデータベース整備等の領域、編さん業

務の領域、あるいは文書管理・記録管理・ナレッジマネジメントの領域などにおいて、

プロフェッショナルとしての「志(倫理)」を堅持しつつ、資料と人(利用者)をつな

ぐことに喜びを見いだして働く人々を、日本の「アーキビスト」と位置づけます。

そして私たちは、「アーキビスト」になりたい人、「アーキビスト」業務においてスキ

ルアップしたい人たちを応援することと、現役「アーキビスト」の想いや、引退された

ベテラン「アーキビスト」たちの志、すなわち知恵・技術やDNAを次世代に受け継ぐ

場となることを目的として、アーキビスト・サポート(以下、ASJ)を、ここに結成

します。

活動は、情報の共有を目指し、会員間の交流や相互研さん等を行うと共に、インターネ

ットを活用した会員専用拠点を整備し、居住地に左右されず、すべての参加会員が課題

をもって主体的に関われるしくみを工夫する予定です。

私たちは、ASJを立ち上げることにより、ベテラン「アーキビスト」との交流の機会

を設け、不安定なポストにもかかわらず日々研さんを重ねる人や、雇用機会が少なくへ

こみそうな人を力づけ、心が元気になれる「場」を提供します。「アーキビスト」にな

りたい人、がんばる人、応援したい人、アーカイブズをめぐる諸課題に関心のある個人

および団体の皆様、ぜひASJに参加されることを希望します。


2008年7月15日

「アーキビスト・サポート」設立発起人

新井浩文 岡田泰吉 神谷修治 毛塚万里 小林年春

杉浦秀典 武石朋子 戸田光昭 細井 守 

-----------------------------------------------(以下、ASJ活動のあゆみ)

アーキビスト・サポートの歩み

アーキビストサポートは1年ほどの準備期間を経て、2008年7月15日に設立され、2008年8月

28日に第1回アーキビスト・カフェを開催し、活動を開始しました。

この活動は2014年3月1日の第19回カフェ開催まで継続しました。この間には図書館総合展へ

2回出展を行い、アーキビストの活動をアピールしました。

活動の拠点は主に賀川豊彦記念松沢資料館でした。活動の後期には出張カフェ、散策カフェ

などを企画し、松沢資料館以外の場所で開催しました。

その後、活動を休止し現在に至りました。

設立の趣旨は「日本のアーカイブズを健全に守り伝えるアーキビストを支援するため」に

「「アーキビスト」になりたい人、「アーキビスト」業務においてスキルアップしたい人

たちを応援することと、現役「アーキビスト」の想いや、引退されたベテラン「アーキビ

スト」たちの志、すなわち知恵・技術やDNAを次世代に受け継ぐ場となることを目的と

し」ました(設立趣意書より)。

アーカイブズの団体、学会は存在していますが、アーキビストを目指す人の力になろうと

いう団体はそれまでありませんでした。そういう意味では、アーカイブズの仕事を選択し

ようという人や既についている人の案内者としての活動であったと信じております。




-----------------------------------------------
朝日新聞クラウドファンディングA-port
「東日本大震災と原発事故で失われつつある
福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!」

https://a-port.asahi.com/projects/morotake-jumping/
-----------------------------------------------


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/



バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

第12回南伊豆を知ろう会のお知らせ

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

2019年11月16日(土)に第12回南伊豆を知ろう会を開催致します。

年に1度、南伊豆での活動の成果報告を行う会です。

ぜひともご参加頂きたいと存じます。

また、当日は報告書『南伊豆を知ろう会』最新号をはじめ、バックナンバーの紹介をします。



第12回南伊豆を知ろう会のお知らせ

日時:2019年11月16日(土)13:30〜15:30

場所:南伊豆町役場湯けむりホール

報告 1.西村慎太郎「明治時代前半の鉄砲と南伊豆 −現代獣害問題の淵源−」
   
   2.武子裕美「南伊豆、少女の学びと教え −明治期の学生そして先生の記録から」

入場無料・事前予約不要・途中退出自由



-----------------------------------------------
朝日新聞クラウドファンディングA-port
「東日本大震災と原発事故で失われつつある
福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!」

https://a-port.asahi.com/projects/morotake-jumping/
-----------------------------------------------


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/



バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

「もろたけ歴史通信」vol.39配信

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

両竹じゃんぴんプロジェクト「もろたけ歴史通信」vol.39を配信致しました。

「もろたけ歴史通信」は福島県双葉町のポータルサイトに配信されています。



引き続き、多くの皆さまのご支援を宜しくお願い致します。

これまでの活動報告については以下をご覧ください。

https://a-port.asahi.com/updates/morotake-jumping/



なお、NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんのメーリングリストへの登録を御希望の方は、

当会ホームページのトップより登録ができますので、ご利用ください。

http://rekishishiryo.com/


-----------------------------------------------
朝日新聞クラウドファンディングA-port
「東日本大震災と原発事故で失われつつある
福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!」

https://a-port.asahi.com/projects/morotake-jumping...
-----------------------------------------------


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/



バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

フランスアーキビスト協会(AAF)ニューズレター『Archivistes!』に当会の活動が紹介されました

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

このたび当会会員の大野綾佳さんによって、

フランスアーキビスト協会(AAF)ニューズレター『Archivistes!』誌上で、

当会の活動が紹介されました。

AAF公式サイト https://www.archivistes.org/

サイトではログイン画面になってしまうため閲覧は制限されております。

あらかじめご了承ください。



-----------------------------------------------
朝日新聞クラウドファンディングA-port
「東日本大震災と原発事故で失われつつある
福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!」

https://a-port.asahi.com/projects/morotake-jumping/
-----------------------------------------------


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/



バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

「もろたけ歴史通信」vol.38配信

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

両竹じゃんぴんプロジェクト「もろたけ歴史通信」vol.38を配信致しました。

「もろたけ歴史通信」は福島県双葉町のポータルサイトに配信されています。



引き続き、多くの皆さまのご支援を宜しくお願い致します。

これまでの活動報告については以下をご覧ください。

https://a-port.asahi.com/updates/morotake-jumping/



なお、NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんのメーリングリストへの登録を御希望の方は、

当会ホームページのトップより登録ができますので、ご利用ください。

http://rekishishiryo.com/


-----------------------------------------------
朝日新聞クラウドファンディングA-port
「東日本大震災と原発事故で失われつつある
福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!」

https://a-port.asahi.com/projects/morotake-jumping...
-----------------------------------------------


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/



バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM